SUB MENU

理想の家なら注文住宅、安く買うなら分譲住宅

会社によって

会社によって注文できる度合い

注文住宅は住む人が一から間取りや使用する設備について検討できる建築方法です。とはいえ注文住宅を提供するすべての建築会社が一から自由に設計できるわけではないのです。注文住宅といっても会社によってはある程度事前に設計が行われた中から選択するという会社も少なくありません。特にハウスメーカーや一部の工務店ではこうした会社独自の制約がある場合も多く一から十まで自由に設計できる会社は非常に少ないといえます。特にハウスメーカーなど全国で多くの住宅を提供している会社ではその品質を一定に保つ必要があります。そうすると会社独自のマニュアルを作成しそのマニュアルにのっとって住宅を建築する必要があるのです。こう述べるとハウスメーカーなどの会社では注文住宅ではないではないかと感じる人もいるのではないでしょうか。しかし人によって注文したい部分もその程度も異なります。あまり知識はないけれどキッチンや浴室など一部はこだわりを持って建築したいという人にはある程度住宅建築の筋道ができている会社のほうが魅力を感じる場合もあるのです。

建築会社との契約はすべての事柄を明確に決定してから

ハウスメーカーや工務店など設計を考える段階では料金がかからない建築会社の場合契約前までにすべてを決定してから契約することが大切です。ここは後で変更できるのでなどという建築会社の人の言葉をうのみにしないことが大切です。というのも変更は可能でも建築主が思っているような変更ができない場合が多いからです。それだけ間取りを変えるのであれば追加費用が必要ですなど不要な費用を払うことになりかねないのです。ですから理想を言えば設備などのメーカーや建具などの色に至るまですべて決定して契約をすると後々不必要に追加費用を支払わなくて済むのです。それでも電気の配線や壁紙などまだまだ追加費用が掛かる項目もたくさんあるのです。電気の配線なども最初に考えて契約するに越したことはありませんが配線計画を考えていない場合には資金計画において予算を取っているかを確認する必要があります。ハウスメーカーの提供する家で標準搭載だけの電気配線では生活できないことはないですが、追加しておくことで快適に過ごせるからです。