SUB MENU

理想の家なら注文住宅、安く買うなら分譲住宅

決め方

住宅展示場で注文住宅の仕様を固める

注文住宅の施工業者を決めるためにはいろいろな方法があります。自分の住んでいるところの工務店に依頼するのも一つの方法です。近所付き合いや建築後のメンテナンスのことを考えると有力な選択肢の一つです。しかしながら注文住宅の理想を追求するという点では住宅展示場を見学して様々な住宅を見ることが重要です。最近のハウスメーカーは自社で開発した最新の住宅を住宅展示場に建設して顧客への売り込みを行っています。東日本大震災以降は安全安心の観点から耐震性に力点が置かれていると同時に省エネにも工夫が施されています。注文住宅を検討する際にも耐震性に優れた構造で省エネ効果のある設備を備えた住宅を選択することによってメンテナンスフリーが実現できます。

最近はハウスメーカーによる寡占化が進んでいる

注文住宅の業界では構造に何を採用するかによってそれぞれ特徴を持っていますが、それ以上に規模の拡大によるコストダウン効果を狙う動きが顕著になっています。多くのハウスメーカーが国内に工場を建設しているため、工場の稼働率アップがコスト低減のポイントになっています。M&Aを実施して自社製品の裾野を拡げると同時にコストダウンが図れることで注文住宅の獲得戸数の増加を見込んでいます。顧客にとっても選択肢の広がりは自分の夢の注文住宅によるマイホームの確保し繋がりますので大きなメリットとなります。住宅建設は一生に何回もあることではありませんから、ハウスメーカーにとってもたくさんのメニューを準備できることが注文住宅の獲得に繋がります。