SUB MENU

理想の家なら注文住宅、安く買うなら分譲住宅

コストを下げるなら

分譲住宅のはじまり。

分譲住宅とは、一団の住宅を個々に売却するとき、宅地分譲になぞられたものを分譲住宅といいます。 分譲地に建設、販売される住宅であり、不特定多数の方への販売を目的に、建設されています。 今では、誰もが知っている一戸建て分譲住宅です が、およそ100年くらい前から、着工されました。 最初は、阪急電鉄の箕面右馬鉄道路線開発がきっかけとなり、分譲住宅の着工がはじまりました。 日本の正式な統計としましては、1951年から着工して、戸建て分4976戸が建設されました。 その後分譲住宅として販売されました。 1951年から1963年は、まさに住宅の繁盛期になりました。 バブル崩壊後は、土地価格が下落しましたが、後は、品質向上とコストを下げた住宅が広がりました。

中古住宅の見直しについて。

日本人は、昔しから中古住宅よりも新築住宅を好みます。 日本は、近年中古住宅の空きが溢れだし、流通拡大、中古住宅重視、中古住宅見直しの動きが広がりつつあります。 中古住宅の性能を向上しています。 地震における耐震化、バリアフリーの改修工事、省エネルギーの建設、リフォームなどです。 永く住みごごちの良い、家作りをしていく。 中古住宅を売却する時、20年以上経った家は、びっくりするほど、価格が下がってしまいますが、今後、中古住宅の価値を見直される可能性があります。 中古住宅、一律に見直しされるのではなく、しっかりメンテナンスされてる住宅や、永く安心して住める住宅、メンテナンスしやすい住宅などです。 永年住んでいる愛着した家の価値が上がればうれしい事です。